zuhka

2021/01/30 23:59




朝食のパンに、

おやつのヨーグルトに、

時々はチョコレートと合わせたり

自家製ドレッシングに混ぜたり。


ジャムは

たくさんの食卓に寄り添う

身近な存在です。


毎日口にするものだからこそ、

心から美味しいと思えるものに

出会えたら、

それは暮らしの豊かさに

つながるのかなぁとと思っています。





KOIWAI confiture』は、

旬のフルーツを

オリジナリティ溢れる組み合わせで仕立てた、

逗子のブランドです。


こちらのコンフィチュールは、

果物の使い方や食材の合わせ方が

とても面白く、

何より他のジャムでは味わえない

とびきりの美味しさが詰まっています。


例えば定番の「チェリー&チェリーブランデー」は、

ゴロゴロとしたチェリーと

チェリーのお酒の組み合わせ。


個人的には、

チェリーそのままを食べるより

果実の旨味を味わえるのでは?

と思うほと。


今まで体験したことのない深い味わいです。




「いちご&ラズベリー」も

定番のフレーバー。


でもいわゆるいちごジャムとは

一線を画す味です。


フルーツは、前日から仕込んでおくことで、

より果実の味わいを引き出すのだとか。


銅鍋で煮込まれるそれらを

混ぜるその手つきは

とても手際が良く、

でもとてもシンプル。


2度に分けて入れるレモンを絞る姿も

とてもスピーディーで格好いい。





コンフィチュールを作るのは、

フランスで修行をした後

現地レストランや日本でパティシエをしていた女性。

たったお一人で営まれています。


フランス料理ならではの

食材の掛け合わせ方をベースに作られた、

オリジナルのレシピ。


手つきも作るスピードもこなれていて、

作業も一見するととてもシンプルです。


彼女自身も

「私は何も手をかけていないんです」

と謙遜気味におっしゃいます。


「一番素晴らしいのは農家さん。

食材の味が美味しければ、

コンフィチュールの味も

自ずと決まりますから」とも。






でも、

それぞれの果実の味を引き出すためには、

分量、手際、火加減、タイミング

全てが完璧でなければなりません。


ひとつひとつのことは難しくなくても、

それらを徹底することの難しさは

大人は皆感じるところかと思います。


それを実践できる彼女の

ナチュラルな力強さが、

KOIWAI confiture』の味の決め手だと

感じます。





夏のマンゴー&パッションフルーツ、

冬になると登場するミルクのジャムなど、

季節の移ろいも感じられる

KOIWAI confiture』の楽しみを、

ぜひ感じていただけたら嬉しいです。


▶︎オンラインでご購入の方はこちら